おせち料理のメニュー

2018年の我が家のおせち

投稿日:

お正月にはおせち料理がつきものです。おせち料理を年末に準備する理由は、「正月三が日に女性が台所にたたなくてもすむように準備する」ものだとずっと思っていましたが、自分で準備をしなければならない立場になりはじめて、

 

ちゃんとした由来があり、おせちの品のひとつひとつにも、

  • 黒豆=まめに暮らせるように
  • 数の子=子孫繁栄
  • 田作り=五穀豊穣

など幸せを願う意味が込められている」ことを改めて知りました。


年に一度のおせち料理の準備ですが、すべて手作りで!とがんばった時期もありましたが、最近は定番の黒豆・数の子・田作り・煮物・きんぴら・紅白なますなどを手作りし、手のかかるもので欲しいものがあれば

 

スーパーマーケットで販売されている市販のものを利用しています。


おそらく来年のおせち作りも例年通り「昔ながらの定番の縁起物をメインに手作り+市販品購入」で準備すると思いますが、おせちばかり食べ続けるのも飽きてしまうので、少量づつ食べられるおせちセット(お重)の購入も検討中です。

カテゴリー

最近の投稿

-おせち料理のメニュー

Copyright© 人気のおせち料理の通販2021年の早割ってまだ間に合うの? , 2020 All Rights Reserved.